性力の衰えは老化が原因

性力の衰えというのはなぜおこるのでしょうか?老化といえば、それまでの事ですが、原因を探ってみることにしましょう。性力の衰えの原因で一番大きいのは男性ホルモンの低下です。男性ホルモンが低下する理由は、生殖機能が低下してしまう事によるものです。男性の性力がピークを迎えるのは25歳だと言われています。

個人差はありますが、平均的には25歳~30歳にかけて下がっていく傾向にあるようです。男性ホルモンが減少していけば、自然に性力は低下してしまうのです。そして、生殖器官の衰えはストレスによって加速してしまします。

ストレスと言うのは老化につながっているとともに、内臓機能を低下させてしまします。これはすべて自律神経が関係していて、ストレスは自律神経を乱れさせてしまいます。そして乱れた自律神経は内臓機能を低下させてしまうという流れになるのです。

内臓機能の中でも生殖機能が低下してしまうことで性力が下がっていきます。どうすれば生殖機能を高めることができるのか?ということですが、一番はストレスを緩和させ安定させてることが第一条件だと思います。その次に大切なのが普段の生活習慣によって低下してしまった生殖機能へ栄養成分を与えてあげることになります。

これは性力増強剤でも補う事はできますし、普段の食生活からでも改善できます。無駄なく合理的に栄養成分をとるのであれば性力増強剤が一番だと思われます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ